真人网娱乐平台_888真人娱乐网址

图片

グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


教育?学生生活

FD(Faculty Development)


十文字学園女子大学では、2007年「全学 FD 委員会」の発足以来、FD(Faculty Development)を広義に捉え、教職員全体としての FD?SD(Staff Development)活動に取り組んで参りました。21世紀に入り、大学は「全入時代」を迎え、社会が大学に期待する役割は多様化し、その教育のあり方はさまざまに変化して参りました。
本学は、建学理念『身をきたへ 心きたへて 世の中に たちてかひある ひとと生きなむ』のもと、一貫して「社会の変化に柔軟に対応し、十文字にしかできない女子教育の実現」に努めて参りました。学生とそのニーズの多様性をしっかりと受け止め、学生一人一人の「個」を大切に、その魅力を最大限に引き出すべく教育を実現し、社会で活躍する人材を多く輩出してきました。
 本学が女子教育の伝統と長い歴史をもち、社会に貢献する人材を輩出してきた真の「強み」として、2023年度大学通信ONLINE(https://univ-online.com/rank4/)に、「入学後、生徒の満足度が高い大学(女子大学編)」7位、また「就職に力を入れている大学(女子大学編)」9位にランクインするといったアンケート調査が掲載されるなど、着実な成果があげられます。
 今後さらに充実した、教育?真人网娱乐平台_888真人娱乐网址@を実現するためには、これまでのFD?SD 活動を根本から振り返り、具体的な Plan(計画)?Do(実行)?Check(評価)?Action(改善)の PDCA サイクルを構築する必要があるでしょう。また、これまで以上に他大学や地域社会との連携を強化していくことも重要です。そのうえで、新たな連携体制の構築など独自の挑戦をしていくことが本学の「ブランディング」につながると考えます。 
 近年「教学マネジメント指針」を積極的に活用し学生の時間の有限性や学修意欲にも留意しながら、DPに基づく体系的?組織的な学修者本位の教育を展開し、自律的な内部質保証の仕組みを機能させることが求められています。十文字学園女子大学の「進化」と「深化」に向けて、さらなる教育力?研究力の充実と地域連携?共生の発展を目指してまいります。

十文字学園女子大学 全学 FD 委員会

FDの概要

全学FD委員会委員名簿

学生FD活動

学生自身が大学を構成する一員として、学習環境の改善に積極的に取り組むことを推奨し、学生有志によるFDを実施しています。

授業評価に関する学生?教員交流会

学生による授業評価アンケート等からテーマを設定し、学生と教員がともに学修環境の改善に向けて意見交換を行うための交流会を開催しています。

授業評価

前期?後期の年2回、学生による授業評価アンケートを実施しています。個々の教員に返却された評価結果をもとに作成したフィードバックコメントを学生に公表しています。(学内のみ)
ここでは、授業評価アンケートの対象となっているすべての授業の評価結果(全体)を掲載しています。

授業公開

教育の質の向上を目指す諸活動の一環として、「教員相互の授業公開」を実施しています。

授業改善のための振り返り

授業の振り返りチェックシートを2023年度から実施しています。当該年度の授業を振り返り、次年度の授業改善に向けた手掛かりを獲得するとともに、授業改善の行動を促すことを目的としています。

研修会?勉強会

本学における課題への対応や改善をめざし、学外?学内から講師を迎え、講演会や講習会を開催しています。

大学院FD活動

研究科に所属する教員によるFD活動報告を公開しています。
  1. ホーム
  2.  >  教育?学生生活
  3.  >  FD(Faculty Development)