真人网娱乐平台_888真人娱乐网址

图片

グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


新着情報

ホーム >  新着情報 >  大学に寄贈されたスタインウェイ(Steinway & Sons)社製ピアノを使った体験会が行われました

大学に寄贈されたスタインウェイ(Steinway & Sons)社製ピアノを使った体験会が行われました


1月12日(木)2限、科目「音楽」(担当教員:久保田 葉子、棚谷 祐一、清水 玲子)の授業で、本学に寄贈されたドイツのスタインウェイ(Steinway & Sons)社製ピアノの体験会が行われました。
授業前半では、音が鳴る仕組みや原理、スタインウェイ社の説明のほか、良い楽器とは何か?という話題など、担当の久保田准教授からピアノや楽器に関する様々な講義が行われました。
また、久保田准教授のピアノ演奏を近くで観察し、気がついたことや感想を学生同士お互いに発表しました。
授業の後半では、学生が実際にスタインウェイのピアノに触れ、演奏することで、体験しながら音楽について学びました。

このピアノは、十文字学園創立100周年を記念して、2022年2月15日に株式会社金門製作所元社長 小野田 元様、節子様より寄贈されました。
ご厚意に深く御礼を申し上げます。

参加した学生の声

?ピアノの側で聴かせていただいて、音の伸びや音の柔らかさがよく分かりました。また、間近で見ることができて、ピアノの仕組みを知ることができました。

?他のピアノとは違い、音の伸びやなめらかさがすごいと思いました。初めて弾いたのに、うまく弾くことができました。楽器の良さが私を補助してくれたように感じました。

?高校の時、先生に「楽器は人によって音の鳴り方が変わる」と聞いたことがありました。その時は分からなかったのですが、今日、先生や皆さんの演奏を聞いて、おなじ楽器を弾いているのに全然音の響き方が違うと実感することができました。

【動画】スタインウェイ ピアノ実演 ~良い楽器とは

本学に寄贈されたドイツのスタインウェイ(Steinway & Sons)社製ピアノを使用した演奏動画です。教員と学生の連弾、良い楽器とは何か?の解説、ソロ演奏の様子を動画でご紹介します。

【曲名】
?カバレフスキー「道化師のギャロップ」
?グリーグ「アリエッタ」

【演奏者】
?児童教育学科 久保田 葉子 准教授
?児童教育学科 学生